×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者 FX

サイトマップ

チャートを読み取る

FXで投資を始めるときに忘れないようにしておきたいのがFXのチャートを読み取る方法です。

FXチャートとは、為替相場の動き方をグラフの形にしたものです。


数字だけではわかりにくいですが、グラフならよくわかるようになります。

FXチャートを利用しないとリターンを得ることは難しいので、見方を自分のものにしておいてください。

FX投資を選んだ際に忘れずにいて頂きたいのがFXチャートの流れを知ることです。

FXチャートとは、変動する為替相場をわかりやすくグラフ化したものです。



数値だけではわかりにくいですが、分かりやすくするためにグラフ化をします。

上手くFXチャートを使っていかないと希望するだけの収益が見込めなくなるので、見方を忘れないように気をつけてください。



FX投資で得た儲けは課税対象なので確定申告の義務がありますが一年間で資産を増やせなかった場合にはなにもしなくても大丈夫です。

しかし、FX投資を継続するなら、利益が出なかった際にも確定申告をしておくにこしたことはありません。確定申告の手続きをすれば、損失の繰越控除というものがあるため、最も長くて3年間、損益を通算できます。システムトレードを利用してFXをする場合には、前もって、許容できる損失額の限度と投資用の金額を決めておくことが大事です。自動売買取引のためのツールの中には、動作させておくだけで自動的に売買してくれる商品もあるので、そのようなツールを使えば、取引に必要な時間を短縮できますし、精神的な負担を減少させることができるかもしれません。

FX投資を開始する際には、外国為替証拠金取引口座をどこに作るかで、迷うこともなきにしもあらずです。FX会社選びは、儲けを左右するほど、必要です。はじめに、取引にかかる料金が、安ければ安いだけ儲けが大きくなると言えます。スプレッドが狭い、取引できる通貨が多い、約定力もあり、取引できる単位が小さい、操作性がよいなどもFX会社を選定するポイントです。
容易にFXの口座は開設することができますが、トレードで儲かるかどうかは別の事案になるので、前もって学習しておいた方がベターです。

加えて、FX会社によって少し口座開設に関しての条件内容が変わります。

その条件を満たすことができなければ口座を開設することは不可能なのでご留意ください。口座を作るだけならFXに詳しくない人でもできます。



申し込み画面の案内に従い操作するのみなので、パソコンや投資に詳しくなくても大丈夫です。でも、手軽にできるだけに、高いリスクもあります。誰でもFX口座を開設できてしまうので、全く知識なしに取引を始めてしまう人もいます。
外国為替証拠金取引投資での予測が外れ続けると、その資金の減少分を元に戻すために際限なくお金を使ってしまう人も少なくありません。
そうすると、大きな負けを生むおそれがあるので、FX講座には使う予定のない資金を入金しないようにしましょう。



これは口座に不必要な資金も入れてしまうと、まだ勝負できると思って余分な資金を投入してしまう虞があるからです。



FX投資の人気の理由の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、日本では大体21時〜午前2時の間あたりはよく相場が動いて取引しやすくなります。



それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP、政策金利などが発表されると為替相場が大きな動きを見せることがありますので、相当の注意を払っておくべきです。いくつかの経済指標発表の日程については知っておくのがセオリーです。FX投資を開始する前に、所有する通貨数を決めておくというのも大切です。所有する通貨量を先に決めておき、それより多い位置は持ってはなりません。このようにすることで、当たっても、利益は少ないですが、損失も少なくてすみます。

最初にFXの口座を開設する場合、ちょっと面倒に感じてしまうこともあります。

必要事項を入力するだけならすぐ済ましてしまえるのですが、身分を証明するものを送らないといけません。でも、近頃ではオンラインを使って、送付できるようになり、運転免許証を携帯などで撮影して、その画像を送信すればいいFX業者も中にはあるのです。


FX投資でマイナスが続くと、その負けを取り返すために余計お金を使ってしまう人もたくさんおられるものです。

そうして、大損失を生む可能性さえあるので、FX口座には、必要最低限以上のお金を入金しないようにしましょう。これは、口座に預金のお金も入れてしまうと、まだ余裕があるなと、感じてしまってつぎ込んでしまう可能性は否定できないからなのです。
FX投資で負けこんでしまうと、その負けを取り返そうとたくさんお金を使ってしまう人も少なくないです。



そうすると、大損失を被ってしまう可能性が出てくるので、FX口座にはFXには使わないお金を入れておかないようにしましょう。

これは貯金分のお金が口座に入っていると、まだ余裕がない訳じゃないと思いお金を使いすぎてしまう可能性があるからです。
FX投資による儲けは課税対象です。その為確定申告が必要ですが、年間のトータルで利益を出せなかった場合にはする必要はありません。


けれども、FX投資を続けるなら、得るもののない場合でも確定申告を行った方が好ましいです。
確定申告するならば、損失の繰越控除が実用的なため、最大で3年間、損益を通算できます。

あまたFX業者は営業してますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかをしっかりと比較検討してください。口座開設を行うのはさほど手間のかかるものではありませんが、必要以上に口座を設けると口座の切り盛りが難しいです。初めて口座を開くとキャッシュバックといった具合のキャンペーンに誘われないで、それぞれのスタイルに合ったFX業者を選び出しましょう。外国為替証拠金取引を始める前に、取引する為の資金の限度を見定めるというのも手抜かりするべきではありません。


所有通貨の量を前もって決めておき、それ以上の銀行残高は投資しないようにしてください。こうすれば、投資が当たっても勝利の証は少なくなりますが、失う資金も少なくなります。FX投資を行って得た利益には課税されるのでしょうか?FX投資がもたらす利益は税制上、「雑所得」扱いとなります。一年間の雑所得の合計が20万円以下だとしたら、課税対象とはなりません。でも、合計雑所得が20万円を超える場合には、必要になってくるのが確定申告です。

税金を納めないと脱税になるので、気に留めておいてください。
比較的気軽に始めやすいFX投資ですが、まずたくさんあるFX業者を注意深く比べて、投資したい金額や自分の投資法に合っている業者をじっくり選びましょう。

業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、注意深くなるべきです。最近は殆どの業者がそうですが取引手数料が無料であること、スプレッドが低くなっており、最低取引単位が小さいところを選ぶと準備資金も少なくて済み使いやすいはずです。
それから頻繁に使うため、意外と重要視したい取引ツールも業者ごとに違ってきますので口コミの評判を読んだりデモ取引をしたり諸々試してみるとわかることも多いでしょう。



FXで敗者にならないためには暴落の可能性もきちんと念頭においておくことが重要です。
暴落の可能性は低くても一応はリスクがあるということも考えた取引をしてください。


FXに絶対という言葉はありえないのでリスクがあるということも考えるようにします。例えば、ドルの場合は利益を出すのが難しいですが、その代わり、リスクの割合も低いです。もしFX投資によって年間20万円を超す利益を得られた場合には、確定申告を忘れないようにしましょう。



その申告の時に、外国為替証拠金取引で投資をする上で必要となる諸々の費用は経費として得た利益分から引いておけます。仮に、あまり利益を得ることができなかった時でも、確定申告はしておきましょう。
申告しておくと、損失を3年間に限って繰り越せる仕組みになっていますから、この先、損失より利益を上回らせていくつもりなら、ここはやはり確定申告をしておくことが必要です。


「FXは初心者向けではありません」について

ファイナンシャルプランナーの意見としてFXは初心者向けではありません。資金管理を徹底し損切りのタイミングを覚えましょう。

Copyright © FXは初心者向けではありません. All rights reserved